会社や学校で心地よく昼寝するにはクロワッサン型の枕が必需品

HOME
スポンサーリンク

こんばんは。ねむりびとです。

朝と夜が冷え込む時期になりましたね。特に朝はベッドから出にくい季節になりました。朝の眠気を引きずらないためにも、目覚めの際はカーテンを開けて朝日を浴びましょう!

突然ですが、みなさんは会社や学校での昼休みにお昼寝をしますか?

あまり深い眠りにつくと目覚めが悪くなってしまいますが、仮眠で10~20分程度昼寝をすると頭もすっきりして午後からの仕事や勉強もはかどるかと思います。

「昼寝が夜の睡眠の質を向上させる 」の記事でも少し触れた内容ですね。

会社や学校で昼寝をする場合、机にもたれかかって寝ることが多いと思いますが、何も準備せず机にもたれかかって寝てしまうと起きた時に手がしびれてしまったり、おでこに立派な日の丸ができてしまいますよね。

眠っている間も起きてからも快適に感じられるようにするためにも、たとえ昼寝といえども枕を準備するのがいいと思います。枕があると、頭の位置が枕の分少し高くなるので、机に突っ伏して寝る際のお腹にかかる負担を軽くすることにもつながります。

枕の中でも、どんな枕でも良いのではなく、輪っか状に穴が開いている枕がおすすめです。

昼寝の時はうつぶせで眠ることになるので、輪っかがあると息がしやすくなり、より快適に眠ることができます。また、輪っかがあるタイプでも、完全なドーナツ型ではなく一部が欠けているタイプがよりおすすめです。クロワッサンのような形状の枕ですね。

ドーナツ型の枕だと空気の逃げ道がなくなってしまうので、結局息苦しくなってしまいます。

これがクロワッサンの形をした枕だと、空気の通り道があることで息苦しくなく快適に眠ることができます。もちろんおでこに日の丸ができることもありません。

あまり大きすぎるものは所持するのに大変ですが、引き出しや机の近くにおいておけるサイズの枕なら持っておいてきっと損はしないと思います。

昼寝用のマイ枕を準備して、午後からの仕事や勉強のためにも心地よく昼寝をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました