入浴が睡眠の質に与える影響 ~浮力・圧力・温度とその他の効果~

スポンサーリンク

こんばんは。ねむりびとです。

少しずつ寒くなってきて入浴が気持ちいい季節になりましたね。お風呂で身体を温めることで寝るときの深部体温の低下を促して、質の良い眠りをとりましょう。

今回は入浴が睡眠の質に与える影響として、浮力・圧力・温度とその他の効果について述べたいと思います。

入浴にはストレス解消の効果があり、身体がリラックスすることによって眠りやすくなります。

まず「浮力の効果」ですが、入浴で首まで浸かると浮力により体重は十分の一になり、全身の筋肉が解けて日中に高ぶっていた神経が和らぎます。

次に「圧力の効果」です。入浴して身体が水圧を受けると、マッサージを受けた時のように全身の血液、リンパの流れが良くなり、新陳代謝が活発になります。

そして「温度の効果」。熱いお湯は体温を上昇させ、身体の活動体制を整える交感神経が刺激されます。逆にぬるいお湯は心身に安らぎを与え、眠りを誘導する副交感神経が刺激されます。つまり入浴によって二つの自律神経のはたらきがスムーズになります。

具体的な温度としては34度以上42度未満のぬるま湯に浸かる温浴を20分~30分ほど行うことが眠りに対して最も効果的であると言われています。この温度領域での入浴は不眠解消効果もあると言われています。

眠りにとって入浴はいいことづくめですね。

入浴時に入浴剤を使用するのも好ましいそうです。

特に安眠効果のあるラベンダー、ローマンカモミール、ペパーミント、ベルガモット、ゼラニウム等ハーブのエッセンシャルオイルを浴槽に入れると高い効果が得られるそうですよ。

また、入浴する時間帯としては食後30分~1時間以上経過してからの方が良いとされています。食べ物を消化している間は副交感神経がはたらいてリラックスしており、この状態で入浴してしまうとお湯の熱さで交感神経が刺激されてしまい、せっかくのリラックス気分が台無しになってしまいます。また、血液が集まっている消化中の胃に負担がかかるとも言われています。

朝は熱めのシャワーを浴びることにより交感神経を刺激すると覚醒が促され、頭がすっきりして気分が高揚してきます。熱めとは好みにもよりますが42度以上が望ましいそうです。

朝に脳や心身を目覚めさせておけば、夜は眠くなるという眠りの自然のバランスがあるため、朝のシャワーは結果的に不眠の解消にも役立ちます。

サウナは新陳代謝が促され、疲労回復の効果があります。ただし、高温であることにより交感神経が刺激されてしまうため、入眠直前には極力入らない方が良さそうですね。

入浴によって心身ともにリラックスし、深部体温をさげることでしっかりと眠りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました