入浴が睡眠の質に与える影響 ~温泉の効果~

スポンサーリンク

こんばんは。ねむりびとです。

今日から11月ですね。美味しい秋の味覚を楽しめる素晴らしい季節です。寒くなってきて温泉に入るのもいい季節になりましたね。ゆっくり温泉に浸かっておいしいものを食べて秋を満喫したいですね。

さて、今回は入浴が睡眠の質に与える影響として、温泉の効果について述べたいと思います。

みなさんご存知のとおり、温泉にはリラックス効果がありますよね。温泉に入ると気持ちが安らいで居心地よく感じます。

温泉と一言で言っても、温泉はその成分によって様々な種類がありますが、単純温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、鉄泉、硫黄泉、酸性泉放射能泉のどれにもストレス解消の効果があるそうです。

「温泉街」という日常とは違った土地・環境に行くこと(転地効果)もストレス解消になるそうです。

温泉の立地によっても効果があるそうです。海辺の空気は神経を安定させるマイナスイオンが満ちていてリラックス効果があります。山間の温泉ならば、温泉とともに森林浴が楽しめ、木々から放出されるフィトンチッドが精神を安定させてくれます。

フィトンチッドとは植物が傷つけられた時に出てくる化学物質で、殺菌力があり、癒しや安らぎを与えてくれると言われています。

フィトンチッドとは

リラックス効果の高い微温浴をしたい場合は、「ぬる湯」と呼ばれる温泉地が良いそうです。

ぬる湯の有名どころとしては、五色(山形県)、栃尾又、貝掛(新潟県)、川古、法師(群馬県)、下部(山梨県)、湯郷(岡山県)、鹿教湯(長野県)、古湯(佐賀県)があるそうです。

温泉で心身ともにリフレッシュして深い眠りをとりたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました