色味で寝室にリラックス効果をもたらそう

HOME
スポンサーリンク

睡眠の質を向上させるために環境面からはたらきかける術として、リラックス効果のある色味のものを寝室に置く方法があります。

色にはその色彩ごとにさまざまな心理作用があります。

例えば赤色には、警戒心や注意力を喚起する効果があります。

黄色には気分を明るくさせる作用や、注意、判断を促す効果があります。

青色には気持ちを落ち着かせる効果があります。

上記の赤、黄、青の効果を考慮すると、信号機のルールにも頷けますね。

色彩のもつ作用を考慮して、睡眠を促す効果のある色について考えてみましょう。

スポンサーリンク

色彩ごとの心理的効果について

睡眠を促す効果のある色を考えるにあたり、まずは色彩ごとの心理的効果について確認してみましょう。

色彩心理的効果
赤色警戒心や注意力を喚起する。食欲を増進させる。目を引いて関心を集める。
黄色気分を明るくさせる。注意や判断を促す。
親しみやすい印象を与える。緊張を和らげる。食欲を増進させる。
リラックスさせ、疲労回復を促す。落ち着いた印象を与える。
気持ちを落ち着かせる。食欲を抑える。
疲労回復を促す。芸術的な感性を刺激する。
ピンク優しい気持ちにさせ、緊張を和らげる。
スッキリとした印象を与える。純真さをイメージさせる。
茶色安定している印象を与え、緊張を緩和する。ぬくもりを感じさせる。

上記がすべての色ではありませんが代表的な色彩を記載しました。

並べて書いてみると、それぞれ見覚えのある特徴があって面白いですね。

黒板は今でこそ緑色ですが、昔は黒色だったそうです。緑色にはリラックス効果があり、気分を落ち着かせる効果があるため、ある時から黒板も緑色になったそうです。JISでも黒板の色は緑にすることが定められています。

赤色は注意を引く色のようですね。先述したように信号で使われている例や、書類一つとっても赤色の部分には自然と目が引き寄せられますよね。戦隊もののテレビ番組でもリーダーが赤色なのには際立たせる目的もあるのかもしれませんね。

さて、それぞれの心理的効果を考慮すると、睡眠と相性のよさそうな色彩は緑、青、茶といったところでしょうか。

それでは睡眠と相性のよさそうな色彩のものを寝室に置く方法例を考えてみましょう。

睡眠を促す色彩のものを寝室に置く方法例

緑色のものの例

緑色のもののとしては観葉植物がおすすめです。

部屋のインテリアと馴染むものが多く、観葉植物自体も部屋のインテリアとして楽しむことが出来ます。

部屋にあるとリラックスできます。

おすすめ観葉植物

青色のものの例

青色のものとしてはファブリックパネルや布団等の寝具、カーテンなどがおすすめです。

落ち着いた青みのあるものを部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか。

もちろん青色だけではなく、緑色のファブリックパネルや寝具、カーテンでもかまいません。

茶色のものの例

茶色のものとしては間接照明がおすすめです。

間接照明だけでもリラックスできる効果があるので、色味も茶色もしくは茶色に近いものにしてよりリラックスできる空間づくりをしてみてはいかがでしょうか。

自分自身が落ち着くことのできる彩りにすることが大切

色味で寝室にリラックス効果をもたらすことを述べてきましたが、最も大切なことは寝室にいて自分自身がリラックス出来ることです。

仮に今回紹介した色味のものを部屋に置いたとして、自分がしっくりこなければ(あるいはリラックス出来なければ)意味がありません。

また、心理的効果上では睡眠と相性が仮に良くなかったとしても、部屋の彩りのアクセントとしてしっくりくる色もあると思います。

寝室空間の中に、自分の趣味に合った睡眠と相性のよさそうな色彩のものが置けそうであれば是非置いてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました