香りの作用と活用方法について

HOME
スポンサーリンク

香りには不思議な作用がありますよね。

嗅ぐことで頭がすっきりして集中力が高まったり、落ち着いた気持ちになってリラックス出来たり。

もちろん中には不快な香りもありますが、リフレッシュやリラックス効果をもたらしてくれるものが多い印象ですよね。

香りのもつさまざまな作用についてまとめてみました。

スポンサーリンク

香りのもつさまざまな作用について

以下に香りのさまざまな作用をまとめてみました。

ジャンル代表的な香り作用
樹木系ユーカリ、サイプレス、ティートゥリー、ヒノキ等気分を落ち着かせる作用がある。
柑橘系レモン、グレープフルーツ、オレンジ、ライム等気分を明るくしてくれ、リフレッシュ作用がある。
ハーブ系ペパーミント、ローズマリー、ハッカ等爽快感が得られ、意識がはっきりしたり元気づけられる作用がある。
フローラル系ローズ、ラベンダー、ジャスミン等イライラやストレス緩和作用があるものや、緊張を解きほぐす作用があるものがある。
その他カモミール等安眠作用がある。

全ては書ききれませんが、本当にたくさんのジャンルがあって、香りもさまざまですね。

ストレスを緩和してくれるものや、気分をリフレッシュしてくれるもの、安眠作用等嬉しい効果がたくさんあります。

香り毎の作用に応じた活用のシーン

香りには様々な作用があるため、作用を考慮して望ましいシーンで香りをかぐことで生活の中に取り入れられたらいいですよね。

生活の中でのシーンをいくつかピックアップして香りの活用方法を考えてみました。

仕事中や勉強中

仕事や勉強中は気が張っていて、ストレスや緊張を伴う機会がたくさんありますよね。

また、頭がスッキリと冴えていないとなかなか捗らずに余計にイライラしてしまうなんてことも経験があるのではないでしょうか。

ストレスや緊張を和らげるためであればローズやラベンダー等のフローラル系が適しています。

頭を冴えさせたい場合はペパーミント等のハーブ系が良さそうですね。

自宅で仕事や勉強をしている時はある程度自由がききますので、例えば適した香りのアロマディフューザーで香りを楽しむことも出来ますね。

職場や学校であれば適した香りのガムで香りを楽しむのも良さそうです。

あっ!もちろん学校の授業中にガムを噛んではいけませんよ。

ラベンダー味のガムなんてのも手軽でいいですよね。⇒ラベンダー味のガム

ペパーミントに覚醒作用があることが確認された論文もあるようです。

車の運転中

車の運転中は眠気に襲われがちですよね。ねむりびともたくさん経験があります。

安全第一なので、眠気があるときはまず仮眠をとることが大切です。

眠気の予防としては、意識をはっきりさせる作用のあるペパーミントやローズマリー等のハーブ系が適しています。

運転中なので、車の芳香剤として活用してみてはいかがでしょうか。

ペパーミントには覚醒作用があるとの論文もあるようです。

論文⇒ペパーミントの覚醒作用

また、仕事や勉強のシーンと同じようにガムで活用するのも良いですね。

入浴中や寝る前

入浴中や寝る前は眠るためにリラックスした状態になる必要があるため、ヒノキやサイプレス等の樹木系か安眠作用のあるカモミールが適しています。

入浴時に活用する場合は樹木系やカモミールのシャンプーやボディーソープに取り入れてみると効果がありそうですね。

眠る前に習慣的にカモミールティーを飲むことも安眠効果が期待できそうですね。

リラックスに効果的な飲み物については以下の記事も参照ください。

寝つきが良くない夜にはハーブティがおすすめ

おわりに

香りにはさまざまな種類と効果があるので、シーンに応じて取り入れて日々の活動や睡眠をより良いものにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました