2020-06

睡眠効率化研究

瞑想は手軽に脳と身体をリラックスさせてくれる

仕事や日常生活からの不安な気持ちによって眠り辛さを感じた際には瞑想を試してみてください。瞑想はネガティブな思考を緩和してくれ、自律神経を副交感神経優位な状態にさせ、リラックスさせてくれます。ゆったりとした服装で、『調身』、『調息』、『調心』を心がけて実施してみてください。
HOME

睡眠時間と基礎体温の関係について

起床時に寝たりなさを感じる朝があると思います。その際はやはり睡眠不足である可能性があります。睡眠時間が足りていないと自律神経を乱れさせ、基礎体温を基準値から上昇させたり、低下させてしまいます。基礎体温が基準値から外れてしまった際はしっかりと休みましょう。
HOME

寝返りの役割と寝返りをうつのに必要な環境について

睡眠中には寝返りをうちます。寝返りは睡眠中の血行を滞らせないようにしたり、同じ姿勢で長時間眠ることにより筋肉が凝り固まることを防いでくれます。また、寝返りをうつことで布団内の温度が適温に保たれます。これらは睡眠の質にも影響するため、寝返りをうつことが質の良い睡眠につながります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました